ネット社会が生んだ落とし穴風評被害

ネット社会が生み出した負の産物が、まさに風評被害です。便利で手軽なラインやメール、そしてネット掲示板などが生んだ落とし穴と言っても過言ではありません。手軽で便利なコミュニケーションツールとして急速に普及していったけれど、その手軽さゆえ、いつのまにか皆がツールに依存してしまっています。ラインの既読が表示されたら、すぐ返事をしないといけない、SNSを使いこなさなければ、仲間外れにされてしまうなど、いつの間にか人間がツールにより支配されてしまっている様です。特にネットの書き込み掲示板などは、特定の人物をみんなでよってたかって叩く事が出来ます。叩く人たちの顔は醸されないので、いつの間にか気持ちが高揚して行くのだと感じます。見えない相手に叩かれる側、顔が見えないので叩く側、本来のコミュニティーツールとしての役割とはまた別のものになっている気がしてなりません。それともこれが進化した現代のコミュニケーションなのでしょうか。

所属タレントの風評被害を防ぐ

女優やアイドルなどが所属する芸能事務所を運営しているとインターネット上にありもしない風評被害が蔓延していることがあります。噂などが影響して仕事を獲得することができなかったり、ファンから酷いことを言われて女優やアイドルたちがすごくかわいそうですし、今後の活動にも影響が出そうです。このような時に役立つのが風評被害対策を行ってくれるネット業者です。インターネット上に多くある噂などを削除依頼をするなどして、クリーンな状態にすることができます。業者さんの力によってクリーンにすることができると、仕事が舞い込んできますし、ファンの方からも好意的な目で応援してくださることができるので、定期的に利用することにしています。ありもしない噂ですが、やはりインターネット上に流されると気分が良いものではないです。女優やアイドルだって人間です。

風評被害に効果的な対策とは

風評被害が起こったら、早期に対策を取らなくてはいけません。大したことはないだろうと高をくくって放置しておくと、どんどんと風評被害は広まっていってしまって、結局は取り返しの付かないことになるからです。全国的に広まってしまうと、経済的なダメージがとても大きくなりますし、会社の場合には株価下落から倒産という道に入りかねません。風評被害はできるだけ早期に対応をすることで、ダメージを最小限に食い止めることができます。農業などの場合には、政府の援助を受けることもできます。政府が広報を通じて、大丈夫だということをテレビなどにアピールしてくれることがあります。深刻なダメージが広がりそうなら、自分たちのためにはもちろん、国や地域のためにも正確な情報を発信してもらうのがいいでしょう。役所に相談をするところからすべては始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)